Sponsored link


This advertisement is displayed when there is no update for a certain period of time.
It will return to non-display when content update is done.
Also, it will always be hidden when becoming a premium user.
無理な食事制限を行って急なダイエットを行うと筋肉組織が失われ、それに伴って基礎代謝量が低下して、リバウンドを引き起こしやすい体質になってしまいます。


さらに、ダイエットのため無理な食事制限を行うことによって、必要な栄養素が不足してしまい、特に、カルシウムにマグネシウム、マンガン、銅などが不足し、骨粗しょう症の危険性が増大します。


カルシウムとマグネシウムは骨の形成に必要な栄養で、マンガンと銅は骨の形成に補助的な役割を果たすからです。


骨粗しょう症を予防するためには、20代までにどれだけの骨量を蓄えるかが最も重要で、それ以降は増えることがありません。しかも、40歳からは加齢に伴い骨量も減少して行きます。


この骨量の減少を予防するためには、運動が大切で、栄養の摂取のみでは骨粗しょう症を予防することはできません。


食事制限で栄養素の摂取を制限すると美容の低下をもたらします。特に、美容の成分として知られるコラーゲンは、体内でたんぱく質を利用して合成されます。


食事制限でたんぱく質が制限されると、いくらサプリでビタミンCを補っても、コラーゲンを生成する材料が不足するため、体内でコラーゲンが生成されません。


逆に、たんぱく質さえ補えばコラーゲンは体内でいくらでも生成されます。このため、良質なたんぱく質の豊富な摂取がダイエットと美容には欠かせないのです。


日本盛「植物生まれの酵素」☆130種類以上の素材を使用の酵素サプリ!!
2017/01/05(木) 16:56 ダイエット PERMALINK COM(0)
アミノ酸の中でも特殊な栄養素であるL-カルニチンは、人間の体の筋肉や心筋に多く含まれており、体内の脂肪をスムーズに燃焼させエネルギーに変える働きをする必要不可欠な栄養素の一つです。

このため、ダイエットサプリやアスリート用のサプリとして利用されております。

脂肪は運動不足や食べ過ぎが原因で、脂質が消費されにくくなり体内に溜まった状態のものです。

ダイエットをするためには、適度な運動や食べる量を減らして脂肪を減らす必要がありますが、L-カルニチンをサプリで摂取することによって、脂肪は遊離脂肪酸という燃えやすいものになるため、早くエネルギーに変わりダイエット効果がさらにアップするのです。

また、L-カルニチンはエネルギーを生産するミトコンドリアという細胞に遊離脂肪酸を運ぶ役割を担っており、これによって、短時間で脂肪をエネルギーに変えることができます。

このように、L-カルニチンは脂肪をエネルギーに早く変える効果があることから、アスリートにも効果があるサプリとしても注目されているのです。

燃焼効率が良く、エネルギーにすぐに変わることから、瞬間的なパワーアップや持久力のアップ、筋肉疲労の早期解消に繋がり、結果的に、アスリートのレベルアップにもつながるのです。

「コレスリム」は【燃焼+酵素】の力をギュッと凝縮!
2016/08/28(日) 20:03 ダイエット PERMALINK COM(0)
基礎代謝とは、生物が生命を維持していくために最低限必要なエネルギーのことです。

例えば、体が横になっていて全く運動していない状態でも、呼吸をする、心臓を動かすなど、生命活動のためにエネルギーが使われています。このエネルギーのことが基礎代謝です。

基礎代謝力は、体の大きさに占める筋肉の割合に比例するといわれており、ダイエットのためには、基礎代謝力を上げる必要があり、そのためには、筋肉を鍛えることが大切です。

筋肉を鍛えるには、ダンベルなどの重りを使ったウェイトトレーニングが一般的ですが、筋肉が動く範囲(可動範囲)を大きくすることも有効な方法です。筋肉の可動範囲を広げるには、体を柔らかくするストレッチやヨガなどの運動が良いといわれています。

逆に、食事制限をすると筋肉は落ちていきます。つまり、基礎代謝も落ちてしまいます。この基礎代謝が落ちている状態で食事量を元に戻すと、そのエネルギーは筋肉ではなく、ほとんどが脂肪として増えてゆきます。

このため、基礎代謝力が低下すると、ダイエット前よりも太りやすい体質になって行くのです。

「スルスル酵素」は【体質改善】で痩せやすい体を作る酵素サプリ!!
2016/08/28(日) 19:52 ダイエット PERMALINK COM(0)
黒酢は美容だけでなく健康にも効果を発揮してくれますが、その他にも、肥満を予防・改善してくれる効果もあります。



黒酢は、体内の過酸化脂質を抑制し、血液中の中性脂肪やコレステロールを除去して、肥満の原因となる高脂血症を予防・改善してくれます。




また、黒酢を長く服用することによって、脂肪に変身する糖質や脂質が腸管から吸収されるのを抑制したり、脂肪細胞への蓄積を抑制したりしてくれます。



さらに、黒酢に含まれる8種類の必須アミノ酸(リジン、アラニン、バリン、メチオニン、イソロイシ ン、ロイシン、フェニールアラニン)は、脂肪の合成や脂肪酸の再エステル化を抑制し、脂肪細胞に脂肪が貯りにくくしてくれます。



特に、アラニン、バリン、フェニールアラニンは抗肥満アミノ酸として活躍してくれます。



通常、澱粉から変わったブドウ糖は、インシュリンによって中性脂肪に変わり、肥満細胞に取込まれて貯蔵され、それが肥満を増大させていくのですが、抗肥満アミノ酸はその動きを大きく抑制してくれるのです。すなわち、黒酢は肥満の予防や改善に好影響を与えるのです。



ちなみに黒酢成分を定期的に、安定的に、習慣的に摂ろうとするとやはり黒酢サプリメントが便利ですね。黒酢の健康・美容効果にご興味がある方はぜひ黒酢サプリメントを試してみてはいかがでしょうか。
三黒の美酢の【黒酢ダイエット】は顧客満足度92.4%!!

2016/05/18(水) 23:59 ダイエット PERMALINK COM(0)
仕事をしながらダイエットする人にとって、昼食をどうするかはお大きな問題でしょう。手弁当や愛妻弁当であれば自分でコントロールできますが、外食となるとそうはいかないからです。


また、一人暮らしの人は、昼食だけでなく、夕食も含めどうしても外食の機会は増えることでしょう。



手軽に行けるファミレスのセットメニューは、大人の男性でも満足できるボリュームがあり、しかも、油を使った料理が多い一方で、野菜が少ないメニューが多いので注意が必要です。



また、ドンブリ系は、大抵は普通の定食よりもご飯の量が多く、しかも、栄養が偏っている場合が多いので避けた方が良く、できれば、栄養バランスのとれている定食系を食べましょう。



また、チヤーハンなどの炒め系やテンプラなどの揚げ物系も避けましょう。特に、揚げ物系は、豪華に見せるために衣を多くつけ、その分油がたっぷりと浸み込んでいるためカロリーが高いからです。油を使わない、茹でる系や蒸す系のメニューがお勧めです。



手軽に食べられるラーメンが人気ですが、スープは出来るだけ飲まないようにしましょう。また、肉の脂身も残した方が良いでしょう。



ダイエット中といえども、カロリーだけではなく栄養バランスにも気をつけて食事をすることが大切ですが、外食ではなかなか難しいものです。



このため、努めて外食の機会を減らし、自宅や手弁当で食事をすることをお勧めします。



仕事の付き合いなどで外食は避けられず、カロリーをオーバーすることはあるでしょう。その場合は、翌日の食事には十分注意し、運動する時間も増やすようにして、早めにカバーしましょう。


乳酸菌革命は、穏やかに【便秘解消】する乳酸菌サプリです!!
2016/05/16(月) 20:24 ダイエット PERMALINK COM(0)
Sponsored link


This advertisement is displayed when there is no update for a certain period of time.
It will return to non-display when content update is done.
Also, it will always be hidden when becoming a premium user.