Sponsored link


This advertisement is displayed when there is no update for a certain period of time.
It will return to non-display when content update is done.
Also, it will always be hidden when becoming a premium user.
投資や資産運用において忘れてはならないのは、手数料(コスト)を抑えるということです。


コストは取引手数料や運用経費など様々ありますが、これらは、リターンの減少要因となります。



銀行預金、株式投資、投資信託、保険(年金)、不動産投資、いかなる投資でも手数料や経費がかかっており、投資家がそれを負担しております。



年に2%の管理手数料を1%に削減できれば、「年に1%のリターンを増やした」のと同じことになります。特に、金融機関(銀行や証券会社)のいいなりになって取引していると、高い手数料を支払っている割にはリターンが少ないと言うことにもなりかねませんので、コスト削減には注意を払いましょう。



取引コストを引き下げることは大きな収益改善につながるということ頭に入れて、取引業者や投資商品(金融商品)の選定を行うことが大切です。



手数料が格安といわれるネット証券での株取引においても証券会社ごとに差があります。



年に数回程度の取引しかしないのであれば、その差は気にする必要はないでしょうが、月に10回以上の取引をするような人は、より手数料が安い証券会社を選びましょう。



僅か0.5%の違いでも、例えば、100万円の売買を100回繰り返した場合、5万円もの手数料の差が生じます。これは年5%の収益を引き下げるのと同じことになるのです。


関野典良の「トレンドハンターFX」
2017/12/28(木) 18:39 金融 PERMALINK COM(0)
Sponsored link


This advertisement is displayed when there is no update for a certain period of time.
It will return to non-display when content update is done.
Also, it will always be hidden when becoming a premium user.