Sponsored link


This advertisement is displayed when there is no update for a certain period of time.
It will return to non-display when content update is done.
Also, it will always be hidden when becoming a premium user.
樹木葬とは、墓石の代わりに樹木を墓標として故人を供養する新しい埋葬方法です。樹木葬を行う場所は、「墓地、埋葬等に関する法律(墓埋法)」に基づき、埋葬する許可を得た場所でなければなりません。


通常は、墓地や霊園内に樹林墓地と呼ばれる一画が設けられ、そこに埋葬することになります。



そこに植えられる樹木は、桜、つつじ、ハナミズキ、クスノキ、サルスベリ、ウメモドキ、エゾアジサイなど様々あります。



また、区画内にシンボルツリーを1本植たり、遺骨を埋葬するたびに新しい苗木を植えるなど、埋葬方法も多様です。



多いのは、複数人の遺骨を同じ区画内、あるいは同じ骨壷内に埋葬する方式です。



個別の骨壷に入れる場合でも、一定期間後には合祀されたり、遺骨をパウダー状にして埋めたりするケースがほとんどです。



樹木葬は、宗旨・宗派を問わず利用することができ、代々お墓を継承する必要がなく、永代供養墓と同様、墓地・霊園に管理を任せることができます。



このため、新しくお墓を建てるために墓石を購入するよりも費用を抑えることが出来ます。



その一方で、樹木葬の多くは、共同で遺骨を埋葬する、あるいは、一定期間後に合祀されるため、将来、遺骨を取り出したり移動させたりすることはできません。また、樹木が枯れたり折れたりする可能性もあります。


【葬儀&お墓】の検索サイト比較
2018/04/18(水) 20:50 終活 PERMALINK COM(0)
遺品整理の見積もりを、電話やメールだけで正確に見積もるのは非常に難しいものです。


中には、かなりの品物を生前処理していることもあるし、逆に、ごみ屋敷と化していることもあるので、物品の回収や処分に大きな差が生じるからです。



依頼主が遠方に住んでいる場合、あるいは、希望した場合は別として、一方的に、電話やメールだけで見積もり金額を出すような業者は要注意です。



後で、見積もりにはない費用を追加で高額請求してくる可能性が高いからです。かならず、訪問見積もりをしてくれる遺品整理業者を選ぶようにしましょう。


また、トラックでの巡回や無料回収をうたっている業者も要注意です。トラックに積み込んだ後に、高額な費用を請求する悪徳業者のトラブルが頻発しているからです。



無料回収を売りにしている業者には何か裏があります。廃棄物処理の免許を持っていない場合には、不法投棄などにつながる場合もありますし、所在地が不明の業者もおりますので、声掛けしない、そこに依頼しないことが肝要です。




立ち会いを求めずに、業者のみで作業を行おうとするのも要注意です。遺品整理の仕分けは、遺族から業者だけでやって欲しいという希望がない限り、遺族の現場立ち会いを求められます。



立ち合いを求めずに処理をされると、預金通帳や印鑑などの貴重品などを隠匿されたり、必要な遺品を勝手に処分してトラブルに発展したりする可能性があるからです。



特に、相続財産が含まれていると思われる部屋の片づけを、第三者に委ねることはあり得ません。それにも拘わらず、業者から立ち会いを求められないようであれば、作業依頼しないことです。


遺品整理なら「ライフリセット」

2016/09/04(日) 20:29 終活 PERMALINK COM(0)
Sponsored link


This advertisement is displayed when there is no update for a certain period of time.
It will return to non-display when content update is done.
Also, it will always be hidden when becoming a premium user.