Sponsored link


This advertisement is displayed when there is no update for a certain period of time.
It will return to non-display when content update is done.
Also, it will always be hidden when becoming a premium user.
主任ケアマネージャー(主任介護支援専門員)は、ケアマネージャーより一段上の資格で、ケアマネージャーのエキスパートで、現場においては、ケアマネージャーヘの助言や指示を与えるチームのリーダー的存在です。

資格をとるには、一定の実務経験や研修受講の条件を満たしたのち、主任介護支援専門員研修を受講する必要があり、福祉資格の中ではかなり難しい資格となります。このため、就職のみならず、転職にも有利な資格で、高齢化社会が益々進む中で、介護資格の中でも非常に高い将来性があり、実務経験と知識、技術を合わせ持つ証明となる資格です。

研修の実施方法は、地域によっても異なりますが、1週間程度の期間を空けながら座学と演習など約10日間実施されます。

主任ケアマネージャーの仕事は、適切なケアマネジメントを判断・提供し、医療サービスとの調整など、ケアマネジメント業務の十分な知識と技術・経験が求められます。

その他、新人ケアマネージャーの育成、ケアプラン作成時のケアマネージャーへの支援や相談、あるいは、交流会を開いてスキルアップを促すなど、まさに地域のケアマネジャーのまとめ役としての活躍が期待されます。

特に、地域包括支援センターには主任ケアマネージャーかそれに準ずる人、また、特定事業所加算を取得する事業所には主任ケアマネージャーを配置する事が義務づけられています。

この他、居宅介護支援事業所、地域包括センター、特別養護老人ホームなどの介護老人福祉施設、介護老人保健施設、介護療養型医療施設など、資格を持っているだけで様々な場所で活躍することが出来ます。

「介護のお仕事」は【好条件】の介護職就職・転職を支援します。
2016/07/28(木) 23:25 介護 PERMALINK COM(0)
Sponsored link


This advertisement is displayed when there is no update for a certain period of time.
It will return to non-display when content update is done.
Also, it will always be hidden when becoming a premium user.