Sponsored link


This advertisement is displayed when there is no update for a certain period of time.
It will return to non-display when content update is done.
Also, it will always be hidden when becoming a premium user.
妊娠中は、体調の変化や、お腹の中の赤ちゃんのことが気になって眠れなくなるなど、不安や心配事が付きません。

そんな時、だれでも口にするのが「無理しないでね」という言葉でしょう。しかし、無理しないというのはどの程度のことか良くわからず、かえって不安がつのるものです。

よくあるのが、夜にすぐ目を覚ましてしまうことでしょう。これは、赤ちゃんの頭が大きくなると膀胱を圧迫してするため、尿意を感じやすくなって夜中にトイレに起きる回数が増えるためです。

夜に仕事などで頭を使いすぎると、脳が興奮して寝つけなくなって、眠りが浅くなることもあります。また、不安やストレスなどを抱えていると、眠りにも影響してくるので、睡眠前に軽くストレッチや、風呂に入ってリラックスするのも良いでしょう。

妊婦さんといえども、最初の内は、家事や仕事もしなければなりません、また、スポーツなどをしている人もいるでしょう。

では、どの程度までやって良いのかとなると、ケースバイケースで個人差があるため、いちがいに言えません。

また、ここまで無理をしたら早産になるとも言えないのですが、妊娠経過さえ問題なければ、妊娠24週目程度であれば、仕事や体を動かしても良いようです。

しかし、無理は禁物で、体に負担が掛かってきつかったり、お腹が張る頻度が増えたりするようであれば、セーブすることも大切です。やはり、自分の体と相談しながら、ということになるのではないでしょうか。

【妊活】北村恵実子の「アキュモード式不妊症改善セルフケア」で妊娠力UP♪

2016/07/18(月) 21:17 ベビー PERMALINK COM(0)
昔は、赤ちゃんと言えばオシメでした。このため、出産準備で一番大変なのは、できるだけ多くのオシメを作ることでした。


しかし、今や、紙おむつが主流で、それだけ出産を控えた女性にとっては、出産準備が楽になったといえるでしょう。



この紙おむつに必要なものは、繊細な赤ちゃんの肌にやさしい素材や吸収力の強さでしょうが、もう一つ、もれない工夫もやっぱり大事にことです。



吸収した面から洩れることはまずありませんが、ウエストまわりや太ももまわりなどのすき間からもれることがあります。



これを防ぐため、すき間をつくらないようにキツクあてすぎると、赤ちゃんにとって、心地よいものになりません。このため、もれを防ぐ様々な工夫が必要なのです。



また、素材のやわらかも大切です。赤ちゃんの肌は、大人よりずっと薄い皮膚のため、非常にデリケートです。


これを守るためには、やわらかでなめらかな素材が必要です。肌に触れた瞬間、ふわふわで、やわらかかく、心地よさを与える感触だけでなく、赤ちゃんが動いても、摩擦によって生じる刺激を極力少なくするなめらかさが求められるのです。


家電&生活雑貨通販ショップ
2016/07/11(月) 23:27 ベビー PERMALINK COM(0)
Sponsored link


This advertisement is displayed when there is no update for a certain period of time.
It will return to non-display when content update is done.
Also, it will always be hidden when becoming a premium user.